読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

umaPのブログ

映像編集やってます。

各種編集ソフト感想

「レビュー」と言うにはほど遠いいい加減なものなので、「感想」としておきます。2017年1月時点での感想。

1.FCP(7まで)

初めて仕事で使ったノンリニア編集ソフト。7は今でも使っています。

他の人と一緒に編集する必要がある場合等、どうしても使わざるを得なかったりするときがある。

MacProからAJA Io XT経由でのHDCAMへの書き出し(及び取り込み)の安定具合はpremiereCCより遙かにましなので、書き出し(・取り込み)用としても使っている。

でも、マルチコア非対応なので、常用するには色々厳しい。

2.EDIUS

一時期仕事でよく使っていた編集ソフト。編集のしやすさはピカイチだけれど、運営会社の方針が最低レベル。

バージョンアップする度に、以前は付属していたプラグインが外されたり、機能が削減されたり、はたまた復活したりということを繰り返している。過去のバージョンで政策したものが開けなかったり、開けてもプラグインが無かったりするので困る。しかもadobeのように別々のバージョンを同じコンピューターに入れたりとかすることもできない。本当に困る。

また、海外版には低価格で提供されているものが、国内ではべらぼうに高くなる、「おま国」な編集ソフト。

ユーザーからの文句が多々あって反省したのか、6.5から7の辺りは海外版と機能が同じになり、ラウドメスメーターも付いていた。その頃がピークで、今の8はまた機能削減されて「おま国」も復活してもうダメぽ。

Mac版が出る出ると言われて早数年。当時は期待したけど、今はもう……。

3.Premiere CC

一番普通で常に最先端の機能が使えて良いのだけれど、意外とクセがあったり、不安定だったりする。EDIUSだったらレイアウターで簡単にできることができなかったりとか。

個人的な話になるけれど、Mac Pro + Premiere CC + AJA Io XTの組み合わせで使うと頻繁にフリーズして酷いので、それがとても悪印象。(まあ、Premiereは悪くないのかも知れないけど。)

ラウドネスメーターとか書き出し時に自動調節とかついているのは楽。

下位互換性はバッチリ。EDIUSやfcpのように、過去のプロジェクトが開けなくて困る、ということはまず無い。ユーザーはそういうのを求めてると思うんですよね。

4.fcpx

個人的にはこれが一押し。世間の評判は余り良くないけれど、私は軽くて使いやすいので気に入っている。

慣れると一番サクサク動くし、色補正とか音量調整とか基本的なフィルタが直感的に分かりやすく使いやすい。

fcpxで編集して、音だけをMedia Encoder CCでラウドネスを自動調節して、fcp7からAJA Io XT経由でHDCAMに書き出し、というワークフローでやっている。面倒だけどこれが一番早いので仕方ない。

OMF形式で書き出してMAを外注する、とかになると、途端に困難になるので(できんことはないらしいが)、大きなプロジェクトではfcpxは使わない。

5.Sony XPRI

取り込み用・書き出し用に時々使う。編集ソフトとして一通りのことはできるけど、それ以上のことはできない。触る機会がある人はごく少数だろうな。

 以上が今でも仕事で使っているソフト。

6.Avid Media Composer

世間での評判は良いのだが、操作感やインターフェースが古くさい感じがして、私には使いにくかった。個人で試用したとき、サブスクリプションを終了するときに少々トラブルがあったので悪印象。adobeCC全部セットにしたのより高いし(月々払いの場合)、たぶんもう一生使わない。まあ、個人相手の商売じゃないんだろうな。

7.Davinci Resolve

少しだけ使ってみたところ、何もしていなくても熱くなってMBPのファンが回りっぱなしになるので使用を諦めた。Win/Mac両方あって、扱える形式も広くて(fcp7のプロジェクトとかも開けるらしい)、更新も比較的頻繁にされているので注目はしている。

8.HitFilm

2017を少し使ってみた。VRAMがある程度あればサクサク動いて、AEみたいなこともできて、いい感じかな?と思ったけど、プロジェクト設定のところでプログレッシブ(p)しかなくてインタレース(i)が無かったので、んん?っと思ってそれ以上手を付けていない。

f:id:umaP:20170114094700p:plain

HitFilmについても、まだよく分かっていないので、また機会があれば情報収集なりしてみたいところ。

まとめ

どれも一長一短あるのだけど、初心者から上級者まで手広くカバーしているのはadobe CC。これに習熟しておけば、仕事も沢山あるだろうし、運営会社も安定しているので、まず間違いはない。仕事という点ではAvidが使える人は重宝される。fcpxは個人的には好きだけど人を選ぶので万人にはお勧めできない。fcp7やXPRIは未来がないので自分から進んで使う必要はない。EDIUSは何かと使いやすいんだけど死にかけに見えるというか将来性が不安。Davinci ResolveとHitFilmはよく分からない。そんな感じ。

4K放送もいよいよ始まりが見えてきたようで、今年はどうなりますかね。