umaPのブログ

映像編集やってます。

30p→60i化 備忘録

今回は二回目なのだけど、たまにしか行なわなくて、やり方を忘れてしまっていて苦労したので、自分用の備忘録として。

正確には29.97pを59.94iに、です。

キャプチャとかは面倒なので貼りません。

**AE CS6の場合

・「コンポジション設定」の「フレームレート」を59.94にする

・30p動画をそのまま乗せる

・「フレームブレンド」を「ピクセルモーションにする」

ここまでは覚えていたんだけど、何故かできなくて苦労した。

・タイムラインパネル内の上部にある「フレームブレンドが設定されたすべてのレイヤーにフレームブレンドを適用」スイッチをオンにする

これが重要だった。これで、間のフレームが補完される。

1フレームずつ動いていることを確認してから書き出し。

(フィールドレンダリングを奇数フィールドから、フレームレートは29.97にする)

**fcpxの場合

・新規プロジェクト(プロジェクト設定は29.97p)

・30p動画をそのまま乗せる

・「変更」→「リタイミング」→50%

・同じく「リタイミング」→「ビデオの品質」→「オプティカルフロー」

・解析が終わるまで暫く待つ

・1フレームずつ動いていることを確認してから一旦書き出し

・新規プロジェクト(プロジェクト設定は29.97i)

・書き出した動画を乗せる

・「変更」→「リタイミング」→200%

・書き出し

これで60i化完了。

**まとめ

AEとfcpx、どっちでもできるんだけど、動きが速いシーンとかだと破綻することもある。今回はfcpxの方がましだった。

ややこしいなと思うのは、EDIUSだと「59.94i」という表記なのが、fcpxだと「29.97i」になるということ。そして私は「60i」と言っているという。

他にもっと楽なやり方とかあれば教えて下さい。特にfcpxの場合、一旦書き出さなくてももっとスマートにできるやり方とかもありそうだけど……。