読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

umaPのブログ

映像編集やってます。

Cheetah3Dでpmd/pmxファイルを読み込もうとしたけど挫折した話

前置き

Macで3Dモデリングとかやろうぜってことで、blenderは使ったことがあるのだけど、いまいち使い勝手が悪いので、何かWinのMetasequoiaみたいな普通の感じのがないかなーと探していたところ、Cheetah3Dというのが割と安くて良さげだなあと思って使い始めたのです。

ちなみに、Metasequoiaでは、チュートリアル見ながら弄ったりすることはできる程度、MMDでも実写合成をして遊んだことがある程度の経験はある。二年ほど前からマカーになったので、Macで色々やってみたくなったわけですよ。

本題

で、Cheetah3Dでpmxを読み込んでみたいなあと思ったわけです。

直接読み込めないのは仕方ないとして、はじめ、blender(+pmx入出力アドオン)経由でobjに変換したりfbxに変換したり3dsに変換したりしたけどうまく行かず。具体的には、objだとマテリアルはちゃんと読み込むけど適用されておらず、ボーンも付いてない。fbxだとボーンはちゃんと読み込むし色も正常っぽいけどマテリアルがおかしい。3dsとかだと日本語が文字化けしたり色々変。

fbxが一番惜しくて、ググったところ、マテリアル数の上限があるからだとか。blender側の問題なのかCheetah3D側の問題なのかは分からない。でも、以下の通りにやればできるらしい。

私には「マテリアル毎にまとめ直して」というのがよく分からなかったし、面倒臭そうだったので諦めた。

次に「CLIP STUDIO COORDINATE(フリーソフト)でPMXが読める」という情報を得てインストールしてやってみる。確かに読み込めるけど、別の形式で書き出せないっぽいよ?ということで即断念。

そもそも、今回は別にそれほどpmxモデルを弄りたいわけではなく、ただ純粋に3Dソフトを弄ってスキルアップしたいというだけで、できるかどうか試してみたかっただけなので、とりあえずこれ以上時間を掛けるのも何なので諦めた。

「こうすれば楽にできますよ!」というのがあったら是非教えて下さい。

8/26追記

なんとか読み込めました。次の記事を参照。

Cheetah3Dでpmd/pmxファイルを何とか読み込めた話 - umaPのブログ